前へ
次へ

一戸建てでは居室と収納のバランスを考える

住宅の中は単に屋根が付いているだけではありません。
床の部分が居室であり、それ以外には棚などの収納があります。
もし棚などの収納を一切取り払えばすべてを居室として使うことができ非常に広く使えます。
一方生活するのには色々な荷物が必要ですが、収納が無ければ床に置く必要が出てきます。
物を床にどんどん置いていけばその分居室部分が失われ結局自由に使える部分が少なくなります。
こんな時はどうやって住宅を選ぶと良いかです。
これから注文で一戸建てを建てるのであれば、居室部分と収納部分のバランスをきちんと取るようにしましょう。
まず今持っている物を洗い出し、それらが置ける収納を用意します。
洋服等が一般の人よりも多いのであればあえて洋服のみを収納できるウォークインクローゼットを取りいれると効率的な間取りを実現できるかもしれません。
朱蒙の一戸建ては一から自由に建てられるメリットはありますが、収納が無ければ非常に住みにくくなるので注意しましょう。

Page Top